診療案内
ホーム > アフターピル

緊急避妊薬


アフターピルとは

アフターピルは万が一、避妊を失敗した時の為の緊急ピルです。女性が”やむを得ず”避妊に失敗した際に、ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を回避する事ができる方法です。避妊に失敗したと思われる時や
不安な場合にご相談下さい。

レボノルゲストレルとは

これまで国内では72時間以内に1錠飲むタイプの緊急避妊薬は「ノボレボ」が唯一の承認薬でしたが、
富士製薬工業より、国内で初めて「ノルレボ」のジェネリック薬「レボノルゲストレル」の製造販売の
承認を受けた避妊薬になります。

アフターピルの服用方法

レボノルゲストレルは、性交後原則72時間以内にレボノルゲストレル1.5㎎を1錠内服していただきます。
24時間以内・少しでも早く服用する方が妊娠を回避しやすくなります。
可能であれば24時間以内にご来院ください。


アフターピルの副作用

以前の中用量ピルなどを利用した緊急避妊(ヤッぺ法)では、悪心49%、嘔吐15%ほどありましたが、
レボノルゲストレル錠は、悪心23%、嘔吐6%と報告されており、とても安全性の高いお薬のため安心
して内服していただけます。

注意事項

・ピルは、必ず72時間以内に服用してください。なるべく早く服用する方が、緊急避妊効果は高くな
ります。できるだけ24時間以内に速やかに来院してください。

・薬を内服後、早ければ3~4日で消退出血が来ますが、月経予定日まで出血がない場合もあります。

・予定通りの月経がきても、その出血はが妊娠初期の不正出血である可能性は否定できません。

・次の生理がくるまでは、コンドームを使用するなどして避妊することが必要です。

・生理予定日を一週間以上遅れる場合は、産婦人科を受診してください。

・緊急避妊薬は100%妊娠が回避できるものではありません。