診療案内
ホーム >プラズマシャワー

プラズマシャワー


プラズマシャワーとは


プラズマは個体、液体、気体のいずれとも異なる特有の性質を持つため、物体の第4の状態ともいわれています。このプラズマの力を応用したものが「プラズマシャワー」です。
プラズマは皮膚の表面から表皮レベルまで作用します。
レーザーと違い、プラズマは皮膚、血液、表皮組織には衝撃を与えず、皮膚疾患の治療、滅菌、吸収性、皮膚の再生、抗色素沈着、皮膚の弾力性の向上、にずば抜けた効果があります。




 プラズマとは 

プラズマは、日常環境で気体状態が高温度および高電力でイオン化された個体、液体、気体に続く物質の第4の状態です。
宇宙は99.999%プラズマで構成されています。
医療分野におけるプラズマの利用は、創傷や手術用機器の殺菌として第二次世界大戦に遡ります。ミュンヘン大学の細胞生物学的研究によると、プラズマは細菌およびヒト細胞に異なる作用があります。
細菌には破壊的影響があるのに対し、ヒト細胞には有益な刺激を与え細胞再生を助けます。

プラズマは医療/美容テクノロジーとして、ますます利用されています。

  プラズマのヒトの皮膚への影響 

プラズマは電気エネルギーを持つ電離した気体であり、皮膚の表面から表皮レベルにまで影響します。
電気エネルギーが外側から内側に流れると、その流れとともに強さが変化し、皮膚の異なる部分に別々の働きをもたらします。

レーザーとは違い、プラズマは皮膚、血液、表皮細胞に衝撃を与えず、皮膚疾患の治療、殺菌、吸収性、皮膚の再生、色素沈着の緩和、皮膚の弾力性の向上に繋がります。









  プラズマシャワーの特徴 

・皮膚内部を活性化させて皮膚の再生を促進
・薬剤の導入効果
・痛みがほとんどない
・皮膚や血液には一切ダメージを与えない
・ダウンタイムがない
  こんな方におすすめ 

・にきび、ニキビ跡をなくしたい
・美肌になりたい
・お肌にツヤとハリが欲しい
・ダウンタイムがある治療はしたくない
  プラズマシャワー効果比較 





 TDDSプロセス