診療案内
ホーム > 診療メニュー> 脂肪溶解注射

脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射はメソセラピーとも呼ばれ手軽な痩身施術として、美容医療業界で人気があります。
使用する薬剤にはたくさんの種類があることを知らない、値段だけで比較してしまう方も少なくありません。
他の施術との違い・使用される薬剤の効果の違い・効果が高い施術部位を解説しました。

脂肪溶解注射とは

その名の通り脂肪溶解注射は、メスを使わず薬剤を注射することで皮下脂肪を溶解(溶かす)ことが可能です。
脂肪細胞の数そのものが減少するため、治療後も半永久的に脂肪細胞を減らすことが出来るのが特徴です。
脂肪吸引ほどの即効性はありませんが、適切に使用することで、低リスクで確実に効果がある点がメリットです。
以下に脂肪吸引と内服薬との効果の違い・リスクを比較しました。

脂肪吸引や内服薬と比較

効果の比較

効果は
脂肪吸引 > 脂肪溶解注射 > 内服薬
と言っていいでしょう。

脂肪吸引は一度に大量の皮下脂肪を取り除くことができるため、即効性や広範囲の皮下脂肪除去を求める場合は脂肪吸引が効果的です。

ただし過去に死亡事故や重篤な健康被害の事例がある脂肪吸引は高リスクであることは間違いありません。術後の傷痕も目立ちます。

慎重に医師や医院を選択する必要があります。

脂肪溶解注射は脂肪吸引のような事故のリスクは圧倒的に少ないのがメリットです。
安全に注入できる注入量ですと、一度に取り除ける脂肪の量は手のひらサイズです。
腫れの影響が収まり、効果を実感できるのは1ヶ月程度の期間が必要となります。


効果としては、中間といったところでしょう。

内服薬は運動量や食事量・基礎代謝・ホルモンの関係など、たくさんのことが関連します。
一般的には脂肪吸引や脂肪溶解より効果がでるペースは緩やかです。

内服薬等は薬剤によって効果はさまざまです。


当院で扱っている内服薬やサプリメントでは以下のようなものがありますが、患者様によっては効果が薄いものもあります。

ゼニカル:摂取した脂質の30%程度をそのまま大概に排出される。
BBX:ストレスを原因とした過食を抑えるサプリメント
サクセンダ:GLP-1という食欲抑制ホルモンを注射し、食欲を抑える


例えば、ゼニカルは摂取した油分をそのまま排出する効果がある薬剤です。

高カロリーのジャンクフォードや高脂質の食べ物が大好きな人に高い効果が期待できます
その半面、普段から脂質が少ない食事の方には効果が出ずらいのです。

自身の現在の状態や求める結果・デメリットを、しっかり知った上で適切な施術を選ぶことが一番重要になってきます。

リスクの比較

リスクが少ないのは一般的に
脂肪吸引 < 脂肪溶解注射 ≦ 内服薬
となります。

前述の通り、脂肪吸引が高リスクであることは間違いありません。
内服薬等は効果や副作用がさまざまです。
場合によっては個人輸入された偽薬や脂肪溶解注射より高リスクなモノもありますので、信頼できる医療機関で処方されたものを使用しましょう。

料金の比較

料金は
脂肪吸引 = 脂肪溶解注射

一度の施術にかかる費用としては、脂肪溶解注射が圧倒的に安くなります。
ただし脂肪溶解注射の場合、目に見てとれる効果を得るには複数回の注入が必要になってきます。

最終的にかかる費用としては、脂肪吸引と脂肪溶解注射では同等程度と考えていいでしょう。

内服薬は効果は様々で、服用者の基礎代謝・運動量・食事量など、ご本人の努力とも大きく関わるため、今回は比較対象外としました。

脂肪吸引や脂肪溶解はリバウンドしずらい?

脂肪細胞1つが蓄えれる脂肪には上限があり、上限を超えた過剰なエネルギーは、新たな脂肪細胞として細胞の数を増加させていきます。

脂肪細胞の数量は思春期までに決まり、遺伝要素もあるため、通常の運動や食事制限などで細胞の数自体を減らすことはできず、

一度増えた脂肪細胞の数は一生減らないと言われています。

脂肪吸引や脂肪溶解は脂肪細胞そのものを減少させることができるため、半永久的に脂肪細胞の数を減らすため、リバウンドしずらいダイエット方法といえます。

脂肪溶解注射と通常のダイエットの脂肪細胞数の変化

こんな方にオススメ

脂肪溶解注射に向いている部位・向いていない部位

以下の部位に使用することができます。

脂肪溶解注射の可能部位

太もも・内もも・膝回り

オススメ度★☆☆

全体への使用には大量の薬剤を必要とし向きません。内ももなどピンポイントがオススメです。

お腹

オススメ度★☆☆

ももと同様に全体に使用せず、部分使用に留めるほうが良いでしょう。

あご周り

オススメ度★★★

二重顎や輪郭は最も効果を発揮する部位です。

二の腕・肩・脇周り

オススメ度★★☆

こちらも全体への使用より、部分的に使用されるのをオススメします。

脂肪溶解注射に使用される薬剤の比較

脂肪溶解注射に使用される薬剤で、人気が高い製剤の効果やダウンタイム(痛み・腫れ)の一覧です。

製剤名 主成分 効果 痛み・腫れの少なさ 治療周期
BNLS neo セイヨウトキノキ
カラクサケマン等
2~3週間に1回
サゴニメイト デオキシコール酸0.175% 2~3週間に1回
デオリポ(カベリン) デオキシコール酸0.5% 1週間に1回
PPC 大豆フォスファチジルコリン × 1週間に2~3回
ミケランジェロ 大豆フォスファチジルコリン
デオキシコール酸
1週間に1回

※当院調べ ※デオリポとカベリンは商品名の違う、同一の薬剤です。

フォスファチジルコリン

脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解され血中に放出され、のちに体外に排出される。

デオキシコール酸

細胞に水を過剰に吸収させ脂肪細胞壁を破壊。
脂肪を溶かして排出させます。

他院で効果が無かった方にもオススメ

過去に脂肪溶解注射を打って効果が出なかった方にもオススメできる理由が二つあります。

薬剤を希釈している使用している場合がある

クリニックによっては生理食塩水などで希釈して薬剤を使用している場合があるということです。

残念なことに、利益を優先して薬剤を薄めて使用しているクリニックがあることは一部ネットでも見受けられます。
何度も通って施術しても、脂肪溶解注射の効果が無かった場合は希釈して使用している可能性があります。

BLNS neoの5000倍のデオキシコール酸配合のデオリポを採用

当院で使用している薬剤は、国内で取り扱いのある脂肪溶解注射の中でも最も効果の高い部類に入る、デオリポを採用しています。

デオリポの主成分デオキシコール酸は、脂肪細胞を減らす効果が米国FDA(アメリカ食品医薬品局)に認められています。
従来多くのクリニックで使用されていた、BLNS NEOの5000本分のデオキシコール酸をデオリポは含んでおり、高い効果が期待されます。


デオリポに含まれるその他の成分

L-カルニチン

脂肪の代謝を促進し分解を促してくれます。
細胞内のミトコンドリアにおいて脂肪酸からエネルギーを生成するプロセスにおいて重要な役割を果たしています。

アーティチョーク

脂肪細胞を血中に誘導し体内から排泄する働きがあります。

注意するべき点

デオリポは濃度が高いため、脂肪以外も溶かす効果がある

有効成分のデオキシコール酸を含むその他の製剤と比較しデオリポは濃度が高いため、脂肪溶解効果も高くなっています。
ですが、脂肪細胞以外も溶かす影響があるため、投与量、周期、回数などは必ず医師の判断に従ってください。

左右が均一にならず、差異が出る場合がある

患者様の体質の個人差や薬剤の浸透具合による、左右の効果を完璧に操作することは、現在のところ脂肪溶解注射にはできません。
ある程度のムラが発生する場合があります。

治療プラン

治療間隔:1週間に1回をおすすめしております。

デオリポの治療部位プラン


注入目安

♦お顔・顎:週1回/1回あたり最大8ml/全4~6回
♦お腹 :週1回/1回あたり最大10ml/全4~12回
♦腕・脚 :週1回/1回あたり最大10ml/全4~12回
※患者様の体系・様子をカウンセリングの元注入量を決定致します。

料金

数量 通常料金
1本(1cc) 5,000円(税込5,500円)
8本(8cc) 30,000円(税込33,000円)

関連施術

小顔注射
小顔注射
輪郭に注入して小顔に
ゼニカル
ゼニカル
油分の約30%をそのまま排出
サクセンダ
サクセンダ
GLP-1ダイエット

参考

PMC”米国国立医学図書館国立衛生研究所” – Metabolic and Structural Effects of Phosphatidylcholine and Deoxycholate Injections on Subcutaneous Fat
       
           

\フォームから簡単 ご予約・お問い合わせ/
ご予約はこちら
【LINEでお手軽】
ご予約・お問い合わせ
ご予約はこちら