診療案内
ホーム診療メニュー> ミラノリピール

ミラノリピール

ミラノリピール

ピーリング治療「ミラノリピール」
ピーリング+Ⅲ型コラーゲンによる肌の再生

ミラノリピールとは

クエン酸・タルトル酸(酒石酸)・サリチル酸・ラクトビオン酸・トリクロロ酸の5種類の酸が含まれる、特許取得済みの次世代のケミカルピーリングです。

5種類の酸とビタミンなどが肌を刺激し、Ⅲ型コラーゲンを増やすことで、エラスチンやヒアルロン酸を生成する手助けをします。
ダウンタイムも短く、肌の真皮層までアプローチすることが可能です。

ミラノリピールの2色の相の9つの働き

ミラノリピールはブルーとイエローの2つの親油相に分かれた薬剤で、9つの美肌成分が含まれています。

ブルー相

製剤保護・安定

トリクロロ酢酸等の活性成分が製剤の酸化を防ぎ、上質な性能と安全性を確保しています。

再生効果

皮脂幕の再生・維持に効果があります。

保湿成分

肌の水和性の増加。

フィルミング効果

肌のから水分が蒸発して逃げるのを抑え、さらに薬剤の有効成分の浸透を助ける効果があります。

イエロー相

抗酸化効果

フリーラジカルを中和させ、小さなシワを減らします。

毛穴引き締めの効用・アクネ菌の殺菌

アクネ菌を殺菌する作用と毛穴の引き締め効果により、ニキビ等の肌荒れを防ぎます。

活性化

細胞の代謝を補助し、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの生成を助ける。

皮むけ・角質溶解

古くなった角質や皮質を溶解・剥離させることで、薬剤の有効成分の浸透率を高め、新たな肌を生み出します。

バイオ刺激効果

線維細胞活性を刺激。皮膚細胞の増殖・再生の活性化させます。

ミラノリピールの4つの効果

コラーゲン増加

グリシン

保湿・抗酸化作用・皮膚の再生効果があります。

プロリン

コラーゲンの生成を促進・活性化、さらには崩壊したコラーゲンを再修復する力を持つ。

ヒドロキシんプロリン

セラミド合成の増加・ケラチノサイトの増殖・線維芽細胞のコラーゲン生成を助ける。

ビタミンC

抗酸化作用。

皮膚の剥け・活性化

トリクロロ酢酸

皮膚細胞を活性化。

サリチル酸

静菌作用・鎮痛効果があります。細菌が増殖しにくい環境を作り出します。

ラクトビオン酸

皮膚メタロプロテイナーゼ生成を発生させ、紫外線やクロノエージング保護。

タルトル酸

角質を溶解し、角質細胞癒着を防ぎます。ニキビやお肌の黒ずみに効果があります。

クエン酸

抗酸化作用。

保湿ならびに薬剤の肌への浸透率

ミリスチン酸イソプロピル

ミラノピールに含まれる成分の溶解を補助し、薬剤を安定させ、高い効果を発揮します。

スクワラン

皮脂膜と同様の効果を果たします。乾燥による肌腫れ等を防ぎ、潤いのある肌になります。

皮膚再生

GABA(ガンマ・アミノ酪酸)

しわ防止作用。コラーゲンの生成を助ける。

アルギニン

血行促進効果があります。

リボフラビン

抗酸化作用やストレスによるROS除去効果があり、細胞再生を促進します。

こんな方にオススメ

・小じわが気になる
・肌質を改善したい
・くすみが気になる
・乾燥肌を改善したい
・ニキビやニキビ跡が気になる
・マッサージピールより痛くないものを探している
・ダウンタイムが短いものを探している

注意点

・個人差はありますが、治療中ピリッとした痛み感じることがある
・施術後、すぐにお化粧することが可能ですが、強く擦らずに泡洗顔してください。 ・施術後、数時間~数日程度肌が赤くなることがあります。
・施術後、数日後に皮がめくれることがあります。皮膚再生が促進されているために出る症状なので、無理に剝がしたり、擦らないようにしてください。
・しばらくは肌の乾燥や皮が剥けやすくなるため、保湿を丁寧に行ってください。

禁忌

・施術部位に皮膚疾患および感染症がある方
・ヘルペス
・ケロイド・アトピー性皮膚炎の症状が強い方
・皮膚癌の方
・糖尿病疾患
・アスピリン・トリクロロ酢酸・ラテックスにアレルギーがある方
・妊娠及び授乳中の方 ・ハイドロキノン・トレチノインを使用している方

関連施術

ピーリング
ピーリング
ピーリング施術
       
           

 


\フォームから簡単 ご予約・お問い合わせ/
ご予約はこちら
LINEで簡単
ご予約・お問い合わせ
ご予約はこちら