診療案内
ホーム診療メニュー> NMN点滴

NMN点滴

NMN美容点滴

次世代アンチエイジング「NMN美容点滴」
全身のアンチエイジング

効果

NMN点滴は、ハーバード大学医学部の研究で若返り効果が発見された、次世代のアンチエイジング療法です。
身体の見た目と内面の機能の両方に有効な、画期的な若返り治療として世界中で注目されています。

具体的な効果を見てみましょう。



その他にも眼の疾患・難聴・肝臓や心臓などの内臓を守る作用があることが発見されています。
さらに肝臓がんにかかったマウスにNMNを投与したところ、腫瘍が消失するなど万能薬のような効果が世界中の研究機関が確認しています。


この魔法のような効果には、サーチュイン遺伝子という遺伝子の活性化が深く関わっています。
では、シサーチュイン遺伝子とは、どのようなものでしょうか。


サーチュイン遺伝子とは

サーチュインとは、日本語で長寿のことです。

ヒトや他の生物は加齢で必ず、外見・内面ともに老化が進行します。

原因は老化に伴い、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が不活性化することで、外見・身体機能・認知機能などの低下に繋がります。
老化・寿命に深く関わる、サーチュイン遺伝子を活性化させることが、若く健康的な状態を維持することに効果的です。

では、サーチュイン遺伝子を活性化させるにはどうすれば良いでしょうか。

サーチュイン遺伝子は、すべての生物の体内に存在する、NAD+と言う物質の体内濃度が高くなることで、活性化します。

サーチュイン遺伝子不活性化で起こる現象

サーチュイン遺伝子不活性化で起こる現象

NMD+とは

NMD+は正式名称”ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド”と言います。
身体の代謝細胞のプロセス・DNA修復・睡眠の覚醒サイクルの制御・ホルモン・体温調整など人体の機能の重要な役割を果たしています。
そしてサーチュイン遺伝子を活性化させる補酵素です。


NMD+は年齢と共に低下し、健康的な生活を送っていても5,60代では2,30代より、NMD+濃度が50%以下に低下すると言われています。

NMD+を増やすには、NMNを摂取することで体内で生産されます。

加齢によるNMD+レベルの減少

NMNとは

NMNは正式名称”ニコチンアミドモノヌクレオチド”と言います。
ビタミンに似た物質で、体内で自然に生成されますが、加齢とともに生産量が減少していきます。

NMNが体内から減少しだすと、加齢がはじまり、老化が進行すると考えられています。

マウスのNMN投与の実験では、たったの1週間で人間の年齢では60歳ほどにあたるマウスが20歳に相当する筋肉量に変化したという実験結果があります。
現在のところNMNには否定的な面は発見されておらず、万能な若返り薬のような効果に、世界中の研究機関が注目しています。

NMN投与後のNMD+レベルのマウス実験

NMNを多く含む食材は、枝豆・ブロッコリー・キュウリなどがありますが、例えばブロッコリーの場合100mgのNMNを摂取するのに約40kgの量が必要となります。 枝豆・ブロッコリー・キュウリの画像

現実的には、サプリメントや直接注入する方法がもっとも有効となるでしょう。

まとめ

POINT

・サーチュイン遺伝子の不活性化はあらゆる老化を引き起こす

・体内のNMD+濃度が高くなるとサーチュイン遺伝子が活性化する

・原料になるNMNを摂取することで、NMD+の量が増える

副作用

血管痛の副作用が発見されています。

現在の所、他の主な副作用は発見されていません。

安全性

慶應義塾大学医学部内科学と米国ワシントン大学 医学部によると

①安全に投与可能であること
②投与した量に応じて体内で代謝されていること

と確認されています。


“抗老化候補物質として期待される Nicotinamide mononucleotide (ニコチンアミド・モノヌクレオチド、以下 NMN) が、健 康なヒトに安全に投与可能であることを、世界で初めて明らかにしました。”
引用元:世界初 抗老化候補物質NMNを、 ヒトに安全に投与できることが明らかに – 慶應義塾大学医学部

所要時間

15分程度

参考

慶應義塾大学医学部 – 世界初 抗老化候補物質NMNを、 ヒトに安全に投与できることが明らかに から引用
       
           

 


\フォームから簡単 ご予約・お問い合わせ/
ご予約はこちら
【LINEでお手軽】
ご予約・お問い合わせ
ご予約はこちら