診療案内
ホーム > 診療メニュー> リベルサス

リベルサス

リベルサス経口内服型GLP-1受容作動薬

リベルサスは2021年2月に販売が始まった、世界初の飲むGLP-1受容作動薬です。
注射型のGLP-1受容作動薬サクセンダと同じく、世界的に有名なノボノルディスクファーマ社から販売されています。

これまでやせホルモンとも呼ばれる、GLP-1受容作動薬は、高い効果を持ちながら、注射型のみでした。
家庭で使用するにあたり注射型は、抵抗がある方も少なく無いかと思います。
1日1回飲むだけで、減量効果を期待できるリベルサスは、非常に画期的な薬剤です。

リベルサスとは

本剤は飲むタイプのGLP-1受容作動薬ということは、ご説明しました。

GLP-1受容作動薬の中でも薬剤によって、有効成分は異なるモノが使用されています。

リベルサスの場合、「セマグルチド」という成分がGLP-1(やせホルモンと呼ばれる、人体にもともと存在する食欲に関係するホルモン)と同様の効果を果たします。
セマグルチドが作用することで、血糖値を下げ、胃腸の動きを調整することで食欲が抑制されます。

効果

経口セマグルチド14mgにおける26週間の臨床試験において、体重減少に有意性が認められています。

安全性

49名の被験者での臨床試験で、低血糖の症状は0件とあり、低血糖症の発生率は低いようです。

その他の有害事象においても偽薬との差異は見受けられません。

当院で扱っている他のダイエット関連品との比較

サクセンダ:人体に元からもつ、GLP-1ホルモンを増加させることで食欲抑制効果がある

ゼニカル:油分の30%を直接排出。内服薬で継続がしやすい。

BBX:ストレスが原因の食べ過ぎを防ぎ、糖・脂肪の一部をそのまま排出するサプリメント

副作用

GLP-1受容作動薬は血糖値を下げることで、食欲の抑制を図ります。
まれに低血糖の症状が出る可能性があります。

特に以下のような方は注意する必要があります。


もし低血糖の症状(倦怠感・冷汗・顔面蒼白・動悸・頭痛・吐き気・めまいなど)が現れた場合、すぐに使用を中止し、医師にご相談下さい。

使用できない方

以下の方は服用することができません

飲み方

1日1回3mg錠から開始して、4週間経過後に7mg錠に変更してください。


リベルサスの吸収は、胃の中に食べ物や水分が含まれていると、その効果が低下してしまいます。
以下の使用方法を守って服用しない場合、効果が下がる点に注意してください。

1日1回最初の食事、又は飲水の前に、空腹の状態でコップ半分の水(120ml以下)と一緒に1錠服用してください。
服用後は、最低30分間以上開けてから食事、飲水および他の薬剤を使用してください。
服用後2時間程度時間を空けて、しっかりと薬剤が吸収された後に食事、飲水するほうが効果的です。
また、本剤は砕いたり溶かして服用してはいけません。


薬剤を飲み忘れた場合は、当日は服用しないでください。
また、翌日に飲み忘れ分を過剰に摂取することは厳禁です。


7mg錠を2錠を、14mg錠の代わりとして使用してはいけません。

注意点

関連施術

サクセンダ
サクセンダ
注射型GLP-1ダイエット
BBX
BBX
摂取カロリー50%カット タイFDA承認サプリ
脂肪溶解注射と輪郭小顔注射
脂肪溶解注射
脂肪溶解注射のデオリポ・輪郭小顔注射

参考

リベルサス錠
       
           

 


\フォームから簡単 ご予約・お問い合わせ/
ご予約はこちら
【LINEでお手軽】
ご予約・お問い合わせ
ご予約はこちら