診療案内
ホーム > 診療メニュー> ゼニカル

ゼニカル

ゼニカルの使用後のイメージ(好きな服を着る女性)

「ゼニカル」
世界的に使用されている経口内服型脂肪吸収抑制剤

ゼニカルとは

日本では認知度は高くありませんが、ゼニカル(Xenical)は世界的に有名な経口内服型の脂肪吸収抑制剤です。
アメリカなど多数の国では肥満治療薬としてFDA認可をされて一般利用されています。
日本では視覚的な効果もインパクトがあり、継続しやすいため、SNSなどでは徐々に認知されつつあります。

設立100年以上の歴史がある、世界的な製薬会社F. Hoffmann-La Roche, Ltd.により開発された製品で、Ro18-0647として広く 臨床治験がなされてきた製剤です。

グラクソ・スミスクライン社から販売されているAlli(アライまたはアリ)は、ゼニカルと同一の成分になります。(海外で処方箋不要の市販薬。オルリスタットの含有量がゼニカルより少ない)

効果

ゼニカルはリパーゼ活性を阻害することで、摂取した食事内容に含まれる脂肪の消化管からの吸収を30%前後抑制し、これにより減量効果を得ようとするものになります。

本来本剤は、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の肥満治療薬として開発された製品です。
病気ではない人に対しても、同様の効果があることから、世界中でダイエットに使う人も多く存在します。


またXENDOSが行った減量療法に関する最大規模かつ最長期間の研究で、2型糖尿病において37%のリスクを減少、ブドウ糖耐性機能不全 患者では52%のリスク減としている。

有効成分オルリスタットの作用

POINT

ゼニカルの有効成分【オルリスタット】は、リパーゼと呼ばれる体内で脂肪を分解する酵素を働きを弱めることで、結果的に脂肪の吸収を抑えます。


服用することで油分の30%程度を吸収せずにそのまま排出するため、特に脂っこい食事が好きな方には効果があります。

具体的な作用として通常1~2日後、食事をして本来吸収されていたはずの油分が、簡単に見て取れるほどの量が便として排出されます。

臨床結果

MRCTの中国での治験では24週の結果、プラセボでの減量が3.7%に対し、オルリスタット120mg投与では7.5%の効果が得られ、両者を比較して減量における優位性が示されています。


また継続的にダイエットを続けていると、生物がもつホメオスタシスと言う効果によって、体重の減少を抑えようと自然と停滞期が発生します。
ゼニカルは高カロリーの脂肪を直接排出するため、停滞期にも効果的な減量効果が期待できます。

特徴

高カロリーの食事 5大栄養素の中でも最もカロリーの高い脂質を消化・分解する酵素である、リパーゼを抑制することで脂質の吸収を阻害し、脂質の体内への吸収を防ぎます。

食事量を変えなくても脂肪分の吸収が阻害されるため、食事制限をしなくても減量効果が認められます。これがラクして痩せれる治療薬と言われている理由です。

そのため、食事量が多い方や脂っこい食事が好きな方ほど効果的です。

また、目に見えて油分を含んだ黒い便が出るため、視覚的にもモチベーションを維持しやすく、食事を我慢せずに短期間で効果がでやすいため、挫折しにくいダイエット法と言えます。

メリット

ゼニカルには副次的効果として、便秘改善・糖尿病リスク軽減の効果もある

SNSの口コミで話題!視覚的効果がすごい

視覚的に油分が出ていることがわかる為SNSなどでも多くの口コミがあり、 視覚的効果で継続しやすいのは大きなメリットとなります。

副作用


特に脂肪排出量増加に伴った消化器系の症状の副作用が見られますが、その頻度は20%前後となり、投与の継続とともに消退する場合が多いとされています。

当院で扱っている他のダイエット関連品との比較

サクセンダ:人体に元からもつ、GLP-1ホルモンを増加させることで食欲抑制効果がある

リベルサス:飲むタイプのGLP-1受容作動薬

BBX:ストレスが原因の食べ過ぎを防ぎ、糖・脂肪の一部をそのまま排出するサプリメント

オススメの方

注意事項

注意点

禁忌

ゼニカルの飲み方

1日2~3回1錠、食事中または食後1時間以内に水と一緒に服用してください。
軽い食事の際に服用を続けるとビタミン類の欠乏が考えられるため、ビタミン剤の服用や野菜・果物類を多く摂る食事を心がけてください。


また、バランスの崩れや肌の乾燥等の危険性があるため、1度の服用の際に2錠以上の過剰摂取をしないでください。


その他の薬剤成分と相互作用は報告されていませんが、摂取に関しては担当医の指示に従ってください。

ゼニカルダイエットの安全性は?

日本では未承認ではありますが、膨大な臨床治験が行われ多くの国で認可を受けています。

“本剤が持つ作用効果は低エネルギー食療法の実施に際して,補助的に用いて有効たり得る可能性が高いものと推察される。 このような視点で多くの臨床治験が行われ,本剤は1997年8月のアルゼンチンをはじめとして,中南米,北米,欧州連合(EC),その他86カ国での承認がなされ,2001年3月現在でおよそ850万人の投与例があります。”
引用元:海外におけるオルリスタットの最近の使用状況 ”肥満研究”

以上の結果からもほかのダイエット薬と言われる製品より、圧倒的な臨床試験があることが分かります。

“XenicalまたはAlliを使用した世界中の推定4000万人のうち、1999年4月から2009年8月の間に報告されたAlliの米国の症例1件とXenicalの外国の症例12件。~中略~現時点では、重度の肝障害とオルリスタットの使用との因果関係は確立されていません。”
引用元:U.S.FOOD & DRUG ADMINISTRATION – FDA Drug Safety Communication: Completed safety review of Xenical/Alli (orlistat) and severe liver injury


以上の結果から、重篤な副作用が発生する確率は、きわめて低いことがわかります。
ただし、万が一「かゆみ・皮膚や目の黄化・尿の色の異変・食欲不振・明るい色の便の症状がある場合はすぐに担当医までご相談下さい。

医師の処方のない購入サイトや個人輸入の危険性

ゼニカルは医師の処方なく購入することを、日本では禁止されています。
また個人輸入については、すべて自己責任となります。
厚生労働省から個人輸入された製品の健康被害について、注意喚起が発表されています。

“ダイエット目的の処方薬として個人輸入されていることが疑われる「ホスピタルダイエット」などと称される製品
・・・(中略)・・・
重篤な健康被害が発生し、最悪の場合死に至るおそれがあるため、このような製品を決して入手して服用しないで下さい。”

引用元:厚生労働省

また、ホームページ等で輸入代行業と称し、粗悪な模造品などを輸入販売している事例なども見受けられます。

厚生労働省からは

“個人輸入された医薬品による健康被害が報告された場合、全て個人の責任となり、健康被害救済制度の対象にならない。”
引用元:厚生労働省


上記のように、個人輸入での健康被害は一切保証がなく、全て自己責任となっているので、注意が必要です。

当院では、必ず医師の判断のもとゼニカルが処方されます。

関連施術

サクセンダ
サクセンダ
GLP-1ダイエット
ゼニカル
BBX
摂取カロリー50%カット タイFDA承認サプリ
脂肪溶解注射と輪郭小顔注射
脂肪溶解注射
脂肪溶解注射のデオリポ・輪郭小顔注射

参考

海外におけるオルリスタットの最近の使用状況 – 日本肥満学会から引用
U.S.FOOD & DRUG ADMINISTRATION – FDA Drug Safety Communication: Completed safety review of Xenical/Alli (orlistat) and severe liver injuryから引用
厚生労働省 – 医薬品の個人輸入ご注意!から引用
Wikipedia-オルリスタット
Business Journal > あの超有名ダイエット薬がヤバすぎ!
株式会社共同通信社株式会社共同通信社 – ◎減量薬ゼニカルの効果大 糖尿病のリスク減少へ
DAILYMED,XENICAL- orlistat capsule
       
           

 


\フォームから簡単 ご予約・お問い合わせ/
ご予約はこちら
【LINEでお手軽】
ご予約・お問い合わせ
ご予約はこちら